学校でのトラブル・いじめ問題を弁護士がサポート

学校でのトラブル・いじめ問題を弁護士がサポート

学校でのトラブルやいじめ問題でお困りの方へ
法律の専門家がサポート

初回相談無料、学校問題の相談多数、全国対応

こんなトラブルご相談ください

  • 子どもがいじめられている
  • 子どもがいじめをしていた
  • 相手方の親から損害賠償請求を受けた
  • いじめが原因で子どもが不登校になった
  • 子どもが教師から体罰を受けた
  • スクールセクハラ
  • 子どもが学校で事故に遭ってしまった
  • 学校でのトラブルなのに学校が動いてくれない

いじめ問題

いじめの定義

いじめ防止対策推進法では、いじめの定義を定めています。
いじめ防止対策推進法は、いじめの定義を「児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているもの」と定めています。
この定義は、いじめの深刻化を防止するため、かなり広いものとなっており、被害児童の主観が重視されています。

「重大事態」に該当するか?

いじめ防止対策推進法においては、「重大事態」に該当するかどうかが重要です。
「重大事態」に該当する場合には、速やかに、当該学校の設置者又はその設置する学校の下に組織を設け、質問票の使用その他の適切な方法により当該重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行わなければいけないと定められています。
「重大事態」とは、いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき、または、いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるときとされています。
この「重大事態」に該当することは、それほど高いハードルではありませんが、統計上はいじめの認知件数と異なり、重大件数の発生件数は増加していないと言われています。
これは、「重大事態」についての規定が国民に周知されていないからとも言われています。
可能性としては、学校側が重大事態として処理していないということもあるかもしれません。

いじめが発覚した場合には素早い対応を

子どもの教育を受ける権利をどのように守るかが重要になります。
子どもの1日は大人の何倍もの価値があると言われています。高校では不登校を続けてしまうと留年したり卒業できなかったりするケースもあります。
そのため、子どものいじめが発覚してしまった場合には素早い対応が必要になります。
とはいえ、弁護士が介入すべきケースや弁護士が介入しない方が学校も硬直化せずうまくいくケースもあります。
いじめ問題については適切に対処する必要がありますので、いじめ問題が発覚した際は、できるだけ早い段階で弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

学校事故

学校での事故による怪我等が生じてしまった場合には、学校や相手方に対して損害賠償請求ができる場合があります。
学校事故についてもお気軽にご相談頂ければ幸いです。

その他の学校でのトラブル

いじめ、学校事故だけでなく、学校に関するトラブルはスクールセクハラ、体罰問題など幅広いものがあります。
法律問題かどうかわからないものでもお気軽にお問い合わせください。

弁護士に相談するメリット

メリット1 学校問題に対する法律の専門家としてのサポート

加害者、相手方や学校との賠償金を巡る示談交渉や、加害者、相手方や学校の言い分に対する不満、悩みの解決のための支援をいたします。

メリット2 紛争解決のスペシャリスト

学校でのトラブルやいじめ問題を扱う弁護士は多くはありません。費用の面で弁護士に相談できずに悩んでいる方も少なくありません。
法律のプロである弁護士に相談することで、あきらめていた学校でのトラブルやいじめ問題について解決ができたケースも少なくありません。

メリット3 最適な解決策のご提案

加害者、相手方や学校の主張や言い分が適切なものか判別がつかないという方もいらっしゃるかと思います。法的問題は、なかなか判断が難しく、個人では適正な賠償額の判断や解決の見通しをつけることがままならないことも多くあります。
弁護士に相談や依頼をすることで、事件の見通しがついたり、賠償額が増額したりするケースも多くあります。

当事務所の特色

①全国各地の相談に対応

東海地方だけでなく全国各地の学校でのトラブル・いじめ問題のご相談に対応しています。WEB会議システムを利用してのご相談も可能です。お困りのことがございましたら、ぜひ一度当事務所にお問い合わせください。初回相談無料です。

②まずは無料で相談可能

子どもの1日は大人の何倍もの価値があると言われています。高校では不登校を続けてしまうと留年したり卒業できなかったりするケースもあります。学校でのトラブルやいじめ問題は早い段階で弁護士に相談することで、見通しが明るくなるケースが多くあります。
まずは、無料で状況の診断から承ります。

③幅広い学校でのトラブルに対応

当事務所の弁護士は、多くの学校でのトラブルやいじめ問題についての相談を受けており、幅広い学校でのトラブルに対応可能です。
まずは、一度ご相談ください。

費用(税込)

法律相談
簡単な電話、メールやLINEでの相談は無料
ご面談は、30分1万1000円

営業時間外の場合には30分2万2000円になります

いじめ問題着手金33万円〜 成功報酬33万円〜
学校事故着手金33万円〜 成功報酬回収した金額の17.6パーセントの金額

目安になります。具体的な報酬金額は個別にお問い合わせください。

上記は弁護士報酬になります。案件により別途実費等が必要になる場合がございます。